遙かなる山々 時に北西風

遙かなる山々top 北岳山頂にて 1983年厳冬期白馬岳 2000年5月蝶ヶ岳〜常念岳

北岳山頂にて 加藤令也さん・笠置華一郎さんとともに 1980年頃?

加藤令也さん・笠置華一郎さんとともに

【メモ】 番外編に掲載した「北岳山頂にて」の直後に撮られた写真と思われる。構図はほぼ同じで、人数が増えた。北岳山頂に居合わせた関西・埼玉・三里塚現闘団の仲間たち。時期は1980年前後?
 「故人が2人」に時の流れを思う。北岳山頂の標柱の上にVサインの加藤令也さん、標柱の右下に笠置華一郎さん。
 加藤さんは戦旗派関西地方委の再建に尽力、1980年代管制塔被告の救援に奔走するさなか亡くなった。加藤さんと最後に登った山は1983年厳冬期白馬岳だった。
 笠置さんは日大全共闘参加後、最初期の戦旗派建設を担い、沖縄、関西、三里塚などのキャップとして活躍、1990年代半ば以降は戦旗派を離れてキューバやニカラグアなどに滞在、やがてメキシコへの永住を決め、日本人宿カサ・カサを開設し、2005年9月永眠した。

▲ページのトップへ戻る遙かなる山々戦旗派コレクション