番外編

歌集 麦飯の一かみごと より

歌集 麦飯の一かみごと 表紙

麦飯の一かみごと

加藤令也さんとともに 南アルプス・北岳山頂にて

北岳山頂にて

【メモ】 いつのことだったか、1970-80年代?(なんと曖昧な!) のとある夏、みんなで北岳に登った。標高3,192m(当時)は富士山に次ぐ日本の高峰で、間ノ岳(3,189m)、農鳥岳(3,026m)と合わせて白峰(しらね)三山と呼ばれる連山の主峰である。広河原から大樺沢 (おおかんばざわ) 雪渓、そして八本歯のコルを経て、山頂に立った。周囲はガスっていて展望は良くなかったことが印象に残っている。そこに居合わせた関西、埼玉、三里塚現闘団などの仲間たち13人の写真。この頃、加藤さんはまだ関西だったろうか? ここ北岳山頂から農鳥岳までつづく3,000m級の稜線歩きは実に素晴らしい、のだが、この日は泣く泣く下山したのではなかったか? 団体行動のやるせなさ!
 1983年3.8三里塚反対同盟の分裂と中核派の戦争宣言を契機に、個人を特定できる写真の多くを処分した。これは、そんななかで残っていた貴重な1枚。所持していた方に感謝!!

▲ページのトップへ戻る戦旗派コレクション